医療事務のスキルは病院や薬局の他、リハビリセンターやレセプト業務代行会社でも生かせます。医療事務資格を独学で取るための参考書や問題集はあるのでしょうか。また勉強方法はどのようにすればよいのでしょう。


      PR

医療事務資格の種類

人気のある医療事務資格。内容は実に30以上あり、どれもが医療事務の専門家を養成することを目的として財団、社団法人や医療団体および民間が定めたものです。国家資格ではありません。

医療事務は病院だけではなく、調剤薬局やリハビリセンターなどの機関でも必要とされ、また求人もパートも多くあるので、どこにいっても働ける可能性が高いこと、また自分の生活や希望にあわせた勤務ができることが人気の要因です。

医療事務資格は、医師とか看護士とは違い、国家資格ではないので、医療事務をするにあたって必ず持っていなければならないものではありません。しかし上記要因に加えて年齢、学歴が問われないことや長く働けること、また人気の高まりと共に資格を持っていることが有利に働き、自信にもつながることから資格試験の受験者の年代は10代から50代と幅広く多くの方が挑戦しています。


医療事務の勉強

医療事務資格試験のための勉強は、養成講座に通う、通信教育を受ける、独学で学ぶ、短大や専修学校で学ぶという方法があります。養成講座や学校で学べるならばそれに越したことはないですが、難しい人も多いでしょう。独学は教わるのに比べれば大変ですし、民間の資格の中にはその団体の講座の受講生であることが受験資格となるものもあります。しかし、どれもが不可能なわけではありません。育児や仕事をしながら、独学で資格を取る人も少なくはありません。難しいからと諦めるのではなく、可能性があるならぜひ挑戦してみましょう。

ただ、独学でと決めても、実際に始めようとすると資格の種類が多すぎて、自分にはどの資格がふさわしいのかわかりにくいと思います。そこで、まずは名のある学校や通信教育会社から医療事務講座の資料を取り寄せて研究をしましょう。おすすめは

ユーキャンの医療事務講座

ヒューマンアカデミー医療事務講座

がくぶん医療事務↓
 ★医療機関で働きたい!生涯活かせる確かな資格 >>> 医療事務講座


などです。どこも実績もあるところで講座は充実しています。その資料から勉強の仕方や目標とすべき資格の種類などがある程度見えて来ると思います。ここで方向付けをしてから勉強を始めたほうがやみくもに始めるよりも遠回りを防げるでしょう。
また、資料から資格試験を受けるのに必要な条件なども知ることが出来ますので、更に勉強の対象を絞り込むのに役立ちます。活用できるものはしっかりと使うようにしましょう。



医療事務を独学で学ぶには

実務がもっとも重要視される医療事務、経験が豊富なら本来資格を取る必要は殆どありません。それはなぜかというと診療報酬点数表をしっかりと理解できることが最重要だからです。すこしでも経験があれば勉強もすっと慣れていくことが出来るでしょうが、医療事務事務の勉強が全く初めてであれば、しばらくは内容に慣れるまで不安を感じることと思います。専門用語や関連法規など、日常生活では殆どなじみのないものばかりだからです。独学であれば、尋ねることも出来ないわけですからなおさらです。しかし、やる気さえあれば必ずそこは乗り越えられるので頑張りましょう。診療報酬点数表は、まず一番に購入すべき本といえます。

参考書については、各団体が独自に講座を組み、独自に資格を認めている場合などはその講座を受けなければテキストも手に入りません。書店でも関連参考書は多く出回ってはいません。そんな中で独学で学ぶには、医療秘書技能検定試験、時間が更に取れて頑張りたい方なら診療報酬請求事務能力検定試験といったものが参考書も手に入りやすいので始めやすいものと思われます。ただ大きな書店でも見つからないかもしれないので、試験機関に直接問い合わせてみる、またネットでしっかりと調べてから注文をするのが無駄がないでしょう。

医療秘書技能検定試験----事務的サポートおよび各部の連絡調整に必要な
                 専門知識と技能

診療報酬請求事務能力検定試験----診療報酬請求事務を正しく行うのに必要な能力

問題集は過去問などが多く出ていますので、何度も解いて傾向を知り、対策を立てましょう。医療事務の資格試験は多いですが、それぞれ問題の特徴があります。過去問をしっかりとしておくことは、効率よく勉強でき、また合格への大きなポイントとなります。

医療事務医療事務資格の独学は、楽にできることではありません。しかし、不可能ではありません。自分の生活に合わせ、無理のないスケジュールと予算で進めていけることが独学の最大のメリットです。ネットで様々な情報を入手できる今、独学で頑張る人たちのフォーラムやコミュニティも存在し、有益なアドバイスを受けることもできます。最大限にそれらのメリットを生かし、後は自分自身の強い意志で目標に向かって進んでください。


      PR