雛人形は赤ちゃんの厄や災難をたくさん肩代わりしてくれます。おひな様を処分するときは感謝を込めて丁寧にご供養しましょう。



      PR

雛人形の処分

古いお雛様は風格があり、美しいお雛様は、見ているだけでも素晴らしいものです。
お家に代々伝わる、お祖母様やお母様譲りのお雛様もたくさんあります。

しかしお雛様は、本来は赤ちゃんの厄や災難を一切肩代わりしてくれるよう、お守りのような意味でその赤ちゃんに贈られるものです。お守りが他の人に渡らないのと同じですね。ですから、お人形が古びても傍においておきたいものです。そして本当にお役目を終えたら、心を込めて丁寧にご供養という形で処分するのがいいでしょう。


雛人形のご供養


ひな祭 
お雛様に限らず、お人形はお顔があるので捨てにくいものです。きちんとご供養というかたちで処分すれば、気持ちも穏やかにいられますね。

処分の方法としては、地元の神社にご相談に行くというのがひとつです。神社ではお守りやお札など、粗末に出来ない品の処分の相談もたくさんあるので、きちんとした方法を教えてもらえるはずです。

各地の人形感謝祭や人形供養祭などに参加してお願いするのもよいです。東京の明治神宮で行われる人形感謝祭では、毎年何万体もの人形が納められます。毎年10月の中旬に行われ、1回(1体ではなく)の初穂料3,000円が必要となります。近郊の方は、ぜひこの機会をご利用になるのがいいのではないでしょうか。

ゆうパックを使って人形感謝祭に預けるサービスもあります。

(社)日本人形協会が行うこのサービスは1年中受け付けており、送料、初穂料、供養料全て込みで料金5,000円となります。自宅まで来てくれるので、地方の方でも安心してお人形のご供養ができます。 こちらの人形供養祭は、毎年10月に東京大神宮(飯田橋)において関係者のみで執り行われます。

その他の地方でのご供養、感謝祭などの情報は、日本人形協会で入手できるので、ぜひ問い合わせてみることをお勧めします。大切なお雛様やお人形を、粗末にすることなく見送ることができるのは安心ですね。


      PR