毎年バレンタインが近づくと普段以上にチョコレートの注目度が上がりますが、 逆チョコの意味でも男女問わず、チョコレート事情が気になってきますね。 わざわざお店を回るのに時間を割かなくても、ネットでじっくりと調べて 通販を利用することもできます。



      PR

逆チョコとは

「逆チョコ」というのは、バレンタインデーに男性の方から女性にチョコレートを渡すこと。
もとはといえば、バレンタインは男性が女性に愛の告白をする日。それがなぜか日本では逆になってしまったのです。だから、「逆チョコ」は本来は「逆チョコ」ではないわけで、まっとうなプレゼントなのですね。

森永製菓が昨年12月に行った調査から、女性の多くがバレンタインには男性からチョコレートをもらいたいという、いわゆる「逆チョコ」願望を、20〜30代の女性のうちなんと9割が持っていることがわかりました。

更に特筆すべきことは、20代の会社員女性の5、6人に1人は、チョコをくれた男性のことを意識してしまうようになると回答したことです。意中の女性がいる人は、思い切ってバレンタインに「逆チョコ」を渡してみてはどうでしょう。




逆チョコ 人気のチョコレートは?

製菓会社は早くも逆チョコ向けの商品を発売しています。パッケージのデザインを逆転した「逆ダース<ミルク>」や「逆小枝<ミルク」などが期間限定で発売されました。

注目を集めることで逆チョコクの認識度が高まるため、より男性がチョコレートを購入することが多くなるでしょうし、より買いやすくなることは間違いありません。

大人の女性に人気のチョコレートはいまや完全にブランド化しています。
特に有名なところで

  ●ゴディバ           文句なしの高級感。特別を演出します
  ●ピエールマルコリーニ   ベルギーを代表するショコラティエの美しい作品
  ●ジャン・ポール・エヴァン  深く濃厚な味わいにとりこになります
  ●ロイズ             日本人の口に合う日本のチョコ


などがあります。
地方であっても心配は要りません。ほとんどのショップが通販をしています。うれしいですね!  ただし、賞味期限は意外と短いものもあるので注意が必要です。選び抜いた渾身の逆チョコで、 彼女の心に思いを届かせましょう。


      PR