コスプレウィッグ

コスプレにまずは無くてはならないコスプレウィッグ。衣装も大事だけど、ウィッグはもっと大事!今は種類もカラーも豊富だし、通販も出来るしで入手は簡単です。でも、希望通りにというとなかなか難しい。カットはなんとかこなすとしても、ここにメッシュが要るの!という時、どうやって入れればいいのでしょう。

  PR

コスプレウィッグにメッシュを

お手軽な方法は、エクステを入れること。
こんな感じですね。取り付けも取り外しも簡単にできるので楽チンです。価格も手ごろなので、いくつでもつけられます。

ゼファー製は有名ですね。 フルウィッグと同じ色目のエクステで長さ45センチ。同じゼファーのフルウィッグに合わせれば違和感無く、綺麗に馴染むでしょう。


通常の美容院などで使用するエクステもありますが、価格が高く色みも乏しいのでコスプレウィッグには合わないと思われます。

以上は普通にエクステンションをクリップで留める、あるいはグルーガンで接着させるというごく簡単なメッシュの入れ方ですが、そうではなく、もっと厳密に希望通りのメッシュを入れたいという場合もあるでしょう。そのときは、染めにチャレンジする人もいます。

全体を染めるのではないので、難易度はかなり高くはなります。染料も、通常の毛染めはもちろん使えません。いろいろな方法で試行錯誤されているようですが、予想とは違う結果になることも多いようです。
アクリル系のウィッグであれば、アクリル用(プラスチック用)の染色剤が使えるでしょう。また、ゼファーの染められるウィッグは、よく手芸店で見かけるダイロンで染める人が多いようです。染められるウィッグ以外は、あまり色が乗らないようなのでメッシュを入れるのは難しいかもしれません。いずれにしろ、思い描いているような美しいメッシュを、自分で染め替えて入れることは大変難しいことと思われます。

予算が許すのであれば、オーダーするのが一番確実です。使用する材料の量、デザインやセットにより価格は幅がありますが、確実に思い通りの美しいウィッグが手に入ります。予算の目安としては、5万から10万位が主流になるかと思います。

楽天で「コスプレ ウィッグ オーダーメイド」の結果を見る



Google で検索する (例:「コスプレ ウィッグ オーダーメイド」)



納得のコスプレメッシュウィッグをぜひ手に入れてください。

  PR